涼子は相馬翔を見て、少し興奮していた。白い肌は清潔感があり、筋肉はあまりないが、優しく触ってくれそうな手をしている。
 何かがあって記憶の一部を無くしているとして、自分が処女なのか経験があるのかも分からない。中学生の時が初体験だったら、ませたガキだと思うだけだが、はっきりさせたい気持ちはあった。周りの皆は経験しているが、自分はセックスには嫌悪感があって、それはやったことがないからで、好きになれるかも知れないとふいに思う。