「根拠なんかない」
 友哉がポツリと言い、ゆう子が驚いて彼を見た。
「リングから聞こえたぞ。ゆう子にも隙があるんだな」
「根拠がないなら、こんな仕事だめでしょ」
「根拠はないが約束はした」
「トキさんと?」
「そうだ」
「どんな約束よ」
「覚えてない」