と、ゆう子を見て言った。利恵の顔は、「あんたが自分の話をはっきりしないからそう決めつけた」と言っている。
「そうよ。二人とも友哉さんと結婚はしない。わたしは他の誰とも」
 ゆう子は目を伏せて言った。利恵から目を逸らしたかっこうだ。
「ゆう子さんはお父様のことが原因なんですか」
「あ、それは言わないで」