「わたしも三人でセックスとか無理です」
 涼子がポツリと言う。
「うんうん。そんなことはしなくていいの」
 ゆう子が彼女の肩を撫でた。
「お二人はどうしてセックスだけなんですか。友哉先生とは結婚したいとか考えないんですか」
 すぐに利恵が、