利恵が頷くと、
「ゆう子、きてくれ」
 友哉から呼ばれて、ゆう子はリビングに戻った。
「ゆう子、おっぱい触らせろ」
 大きく息を吐き出した友哉がそうはっきりと言った。
「あ、はい」
 ゆう子は、ソファに座る友哉の隣に慌てて座った。