思わず涼子の言葉を止めるゆう子。利恵が、「お父さん?」とゆう子を見た。
「ごめんなさい。利恵さんが知ってると思って。業界では噂になっていて…」
 涼子は申し訳なさそうに言葉を飲み込んだ。
「じゃあ、わたし、友哉先生と復縁していいですか。あのひとが嫌がったら消えますが…。汚い女ですよね、わたし…」
 その言葉にゆう子と利恵はひどく緊張をした。二人とも、言葉を失った。
 利恵がゆう子を洗面所に呼び、