「しかも、あの子、わたしたちが愛人みたいにいることを許してくれそうもない」
 ゆう子は黙って頷いた。利恵に同意してやまない。
「だけど、友哉さんはわたしを…わたしたちを見捨てないよ」
「あんなに副作用がきつくて? あんなに若い美少女から誘惑されても?」
「彼女、二十歳だから少女じゃ…」
 ゆう子もパニックなのか論点を変えようとする。