「違うよ。わたしがその人を好きだったdotsらしいの」
「らしい?」
「友達はそういうけど、覚えてないんだ」
 晴香と父親がそう言うなら、本当に後遺症があり、まさか、晴香の父親に恋をしていたのは本当なのか、と不安になってくる。だが、喋っておいて後戻りできないと決意し、
「それで、処女なのかもう経験しているのか知りたくて、相馬さんならいいかなって」