「あ、そうか。そんなことはできないな。でもいない時もあった。中学生の男の子と会った時とか。まあ、でも抱かれてないからわたし、怒ってるような気がしてる」
「なに自分から文句を言って、あっという間に自己完結してるんだ。ならさっさと帰れよ」
「友哉さんに聞きたかったのはそれだけ?」
 ゆう子がそう言った。
「はい。あ、そうだ。あなたはなんで利恵さんのことをメス豚って言うの?」
 涼子が、利恵をちらりと見た。