「会ったその日から淫乱だったから、素質はあったんじゃないか。下手くそだけどそれがそそる」
「下手くそだから淫乱秘書に徹してるの。自分からしてるの」
 今度はゆう子が間髪入れずに言うと、友哉が、
「利恵に変なところで対抗するなよ。そんなことはどうでもいいんだ」
と苦笑いをした。
「じゃあ、便利なセフレが二人か」
「涼子、恋人を便利とは言わないんだよ」