利恵も同じように頬を緩ませたが、「ラリってるのかも」と、得意の古い言葉を口にしながら、すぐに涼子を見に玄関に行った。
 少し開けると、涙を飛ばしながら涼子は強引に中に入ってきた。
「なんだ。今度は泣いてたのね」
 利恵がたしなめるように言う。泣いたら、入れてあげるわけじゃないという意味だろう。
「怒ったり泣いたり、いい加減にしなさい」