スマホに目を向けると、着信のランプが点滅していて、「もう連絡をくれたんだ」と、相馬からのメールだと思った涼子は満面の笑みでスマホを手にした。だが、相手は晴香だった。
『ちゃんと帰った?』
と書いてある。
 どうしようか。涼子は息を飲んだ。
 まさか、セックスをしたと言えるはずもなく、だが、このまま黙っていていいのだろうか、とも思った