桜井に、十二月十二日の都内の事件を与えたが、都内以外の事件では、まず最初に、埼玉県の郊外の住宅街に、外国籍の男が侵入し、たった二万円を盗んだだけで一家を皆殺しにした事件を直前で回避させた。
 続けて、十数人の死者が出た静岡県の高速道路の玉突き事故で、最初に前の車に追突した男性が急性心不全だったので、サービスエリアでその男性に気つけクスリを与えて、事故を未然に防いだ。