友哉の胸を愛でるように擦っていると、友哉が目を開けて、
「まだ涼子はいるか?」
と言った。
「いるよ」
「声が聞こえるかな」
「リビングに? 大丈夫よ。安い部屋じゃないから」