と分かって、自分の仕事がとても重要だと再確認をした。それは何かとても幸せな気持ちにさせた。
「あなたはわたしがいないと何もできないのよ」
 ある日の夜、ソファで座っている友哉にそう微笑み、ゆう子はそっと顔を近づけた。すると、彼はゆう子のその顔に自分の顔も近づけ、触れるようなキスをした。
「え?」
 思わず声を出してしまう。こんなキスは初めてだった。