涼子がゆう子を少しだけ睨んだ。利恵も困惑した顔をして、
「難しくてわたしも分からないのよ。それより、ゆう子さん、我慢って、まさに正妻になれない愛人のようなセリフなんだけど、ロスで注意したよね。自分を卑下しすぎるの」
 利恵に叱られるが、酔っているゆう子はかわまず、
「だって、友哉さん、ロリコンなんだもん。VIOを完全に処理しておいてよかった。友哉さんが涼子ちゃんに見惚れている時に、わたしは我慢しているよ」
と、また言った。