「おかしいな。今のようなキスをおまえにすると、それよりも口に突っ込みたくなる」
 少々、リアルなセックスのことを口にした。
「友哉さんのキャラでしょ。別にいいのよ、わたしもだから」
 ゆう子が苦笑いをしたら、
「違うんだなあ。手を繋ぐのは抵抗がない。そこが不思議なんだ」