「うん、でも会うのが怖い。わたし、なんか悪いことをしたのかな。お母さんに会うと、それを見ている人たちから怒られそうな気分になるの。石を投げられるみたいな」
 そこまで言ったところで、
「あんたたち、何コソコソ話してるのよ」
とゆう子が言った。涼子が、友哉から離れてリビングに戻ると、
「あんたたち、本当はかなり仲良しなんじゃない?」
と、ゆう子が訊いた。涼子は気を取り直して、