「どーしたのー?」
と、ゆう子が二人の間で手を上下に振った。
「オーラのないアイドルdots
 ポツリと言ったのは利恵だった。すると、涼子が、
「見慣れた美女。どこにでもいそう」
と応戦する。しかし、二人とも物静かだ。
 ゆう子が、
「利恵ちゃんなら、個性的な美人だと思うけどdots。うん、タイプじゃないって男性もいると思うよ」
と言った。