「別の者たちが守っています。奴らも人手不足で、そうそうは押し寄せてこられません。晴香様の家の周りや学校の位置情報を破壊してあるので、直接飛び込むこともできないので、成田のようなことはありません」
 ゆう子も利恵も知らない話をしている。
「そうだったな。それなら娘の着替えや風呂も見られなくて安心だ」
「はい。わたしにはもう興味がない話ですが、若い者たちは見たかったようで、叱っておきました」