「何をするのか知らないが、来る前に計算して来い。思い付きでやってくるから、俺に撃たれそうになるんだ」
「まったくその通りでございます」
 老人が頭を掻きながら笑った。
「話が全然見えないんだけどdots
 ゆう子が、初老の男と友哉を交互に見て言った。
 未来の人間を初めて見た利恵も言葉を無くしている。