友哉が饒舌になったところで、
「それが迷惑なんです」
と老人が、ぴしゃりと言った。
「な、なんで? 小説のネタなのにdots
 年長者に叱られた友哉が、目を泳がせたのを見て、「やっぱ、未来の偉い人じゃないな。普通の男ね」と利恵が溜め息をついた。友哉が砕けたからか、利恵は少々、落ち着いてきたようだ。
「では松本涼子さんdots