「学生の頃、友哉様にそう言って了解してもらった。それを実現させたいと思っている。あなたの夢ですね」
 涼子は頷いた。そして、
「なんで知ってるんですか」
と、当たり前の疑問を口にした。
「許嫁?」
 ゆう子が思わず叫んで、その口を開けたまま動かなくなった。
「編集者の娘と作家が不倫?」
 利恵が涼子を見て訊くと、