「そうですよ。だけど久しぶりに会ったら、女が二人もいた」
と、涼子はつんけんしながら言った。
「トキの使いの御老体。それをばらすのは自然か」
「おや、神経質なお言葉。ばれてないのが不自然で、利恵さんが気づいていないのが、そう、まさに不自然なんです」
「へえdots
 友哉が首を傾げた。