「お二人は以前からのお友達なのですが、まだ仲良くなっていないようなので」
「え?」
 利恵が声を上げた。友哉が、思いだしたかのようかのように、
「そうか。二人が同時に現れたから変だと思った。本当は俺と利恵と出会った時には、もう二人は友達になっていて、利恵が、涼子の口癖を懐かしいって思うのか」
と言った。『イケメン小説家は怖いな』のことだ。