友哉がそう言うと、
「それがわたしたちのいつものデートでしょ」
と、彼を睨んで言う。ゆう子と利恵がいることが相当、気に食わないようだった。
「函館は人探しも兼ねてたから許す」
「ああ、見つからなかった。すまなかった。歩かせて。許すって何回も言ってたが、その口癖、やめてくれないか」
 少しばかり恋人同士のような会話をして、二人は視線も重ねた。