ゆう子を凝視した。
「二股」
 ゆう子がすました顔でワインを口にした。
「酔ってますね。それ、本当ですか」
 今度は利恵を見やる。
「うーん、厳密に言うと、ゆう子さんは仕事上のセフレ。わたしが彼女?」
「あー、本心言った!」
 ゆう子は思わず叫んだ。