利恵がゆう子を睨んだが、友哉は、「それはそそるな」と笑った。
「ほら、少女のベッドの中を妄想してる。ロリコンじゃん」
 ゆう子が勝ち誇ったような顔で利恵を見た。利恵が「あとで検証する」と頬を膨らませて言った。
 初老の男は苦笑いをしながら、「緊張感のない楽しい女性たちですね」と言い、涼子に近寄った。
「なんですか」
「よく帰ってきてくれました。会えなかった時期の傷は友哉様が癒してくれますよ。存分に、このお方で遊んでください」
「?」