「そうですよ。好戦的とはいえ、いつも友哉様をこっそり見ていたので」
「じゃあ、外しても友哉さんを好きなままってこと?」
「それは良いことです。なにか問題でも?」
 余裕のある老人の笑みに、ゆう子は黙ってしまった。