「ごめんなさい。今のは冗談」
と、涼子は素直に謝った。
「じゃあ、どうしてわたしから逃げ回っていたのかな。探していたのに」
「逃げていたんじゃなくて、おまえがいなくなった」
「わたしがいなくなったの? わたし、テレビにいっぱい出でていたけどdots。あ、でも足が悪くてわたしを探せるわけないか。ごめんなさい」