「大事なひと? 松本涼子ちゃんが?」
「え? あ、あー、すまん。写真集を持っていたのはファンだったんだ。すまん。ロリコンを認める」
「もう、どうでもいいよ。好きなアイドルがピンチだったら光るかもしれないけど、悪い奴は周りにいないの。どうすればいいのよ」
「ビルごと吹き飛ぶとか」