「彼女がいない。助けに行く」
 友哉が同じ場所から飛び降りたのを見て、また誰かが叫んだ。
「男も飛び降りた」
と。
 友哉は見事に着地をしていた。一階は大騒ぎになっていたが、飛び降りてきた友哉が表情を変えずに着地したのを見た一部の人が目を丸めていた。
 松本涼子は、頭から血を流していた。