「なんでdots
 絶句してしまう。
「ゆう子、先に俺」
 ゆう子ははっとして、友哉の手を握った。着ていた上着を脱いで、目にもとまらぬ速さで下着だけになった。
「ださいの。ごめんなさい」
 矯正下着を付けていて、ブラは普通のもので、上下の色が違っていた。
「なんでもいい。生活臭い方が好きだし」