ゆう子が寄り添うと、肌のぬくもりを分けてもらっているような感覚を友哉は得られた。
「そうだったね。お母さんとほとんど一緒に暮らしてないからね」
「マザコンみたいに言うな。それとは関係なくて、派手な下着で迫ってくる女は金が目当てに見えるんだ。ベストセラーを一発出すと、そういう女がやってくる。dots回復した。すごいな、ゆう子は」