友哉がすぐに松本涼子の額に触れた。
「嫌味じゃなくて、回復が速いのは、ちょっと前にも女と寝ていたからよ」
「そうだな。すまん」
「あと、ベストセラーあったの?」
dots
 リングが緑色に光る。
「すごく光っている。傷が消えていってる」
 ゆう子が目を丸めた。