と申し訳なさそうに言った。
「仕事ならわたしも辛かった。だから休んでるの」
「あと、好きな人と別れてdots
「仕事と恋愛のダブルショックは辛いだろうけど、二階って中途半端だから、ちょっとのケガじゃすまないと思う」
 ゆう子は下着姿のまま、疲れ切った表情でソファに座り込んでいた。ハンガーにかけてあったバスローブに手を伸ばそうとしたが、その手を止めて立ち上がり、