床に座ったままにじり寄ってくる涼子。
「ここで会ったが百年目?」
「離婚したのに連絡なし」
「そういうキャラじゃないんでね」
「あんまりかっこつけてると、すべてを失うよ」
「その台詞、そのまま返す」
「わたしは惨めな女で、かっこよくない」