涼子が手を叩いて笑った。
「やっぱり、お喋りが楽しくなってきた」
「なってない。早く帰れ」
「帰らない。奥原さんにあることないこと言ってやる」
「いいよ。自爆しないように」
「はい?」
 涼子が毒気を抜かれたような顔をした。瞬きを繰り返している。