涼子が、ゆう子に聞かせるように言い、ぷっと笑った。
「知ってるの?」
 ゆう子が声を上げた。
「いつも父がお世話になっています」
「どういうこと?」
 友哉はすぐに、
「担当編集者、松本航さんの娘なんだ」