「すごい話だけど、なんで楽しいのよ」
「楽しいですよ、このひと。だから、レストランでも何か起こったのかと思って、ワクワクドキドキでした」
「律子さんのその話は驚いたけどdots。そう、レストランであんたにそんな指示をしていたのかdots
 ゆう子は腕組みをして、壁の一点を見つめた。