「その前のピンチって何よ。正義の味方はアイドルをずっと守っているのかな」
 ゆう子は無心になるのが上手なのか、友哉には、ゆう子の独り言はあまり聞こえなかった。dotsどうしてもゆう子に気持ちを残したまま、聞かれたくない話を呟いてしまう。早くテクニックを磨かないと、筒抜けだな、と神妙に考えていた。