友哉は早く涼子を帰らせようと思い、一万円を握らせて、
「涼子ちゃん、これでタクシーでもう帰りなさい。それよりゆう子、まだ、たぶん血圧がdots
と、すまなそうにゆう子を見た。
 ゆう子は、セックスで友哉の体力を回復させることを忘れていたのだ。
「あ、でもdots
 ゆう子が、涼子を見て言葉を止める。