第七話 襲われた晴香

【これまでのあらすじ】
交通事故で車椅子の生活をしていた小説家、佐々木友哉の元に「未来人」を自称するトキという青年が現われ、彼の動かなくなった足を、ガーナラという未来の世界の禁止薬物で治療した。そのクスリの副作用に苦しむ友哉に、有名女優の奥原ゆう子が秘書になってサポート。血圧の乱高下を女性のエロチシズムで調整しなくてはならなく、友哉は、大手銀行で宮脇利恵をナンパする。