line今度、事務所の社長に相談しよう。でも、休んで何をすればいいのだろうか。
 趣味はブランド物の新作が出るのを待っていることくらい。
 映画鑑賞は好きだが、それは仕事の一つとも言えた。
「誰かに恋でもしたいな。恋をしたことがないって、樺太で死んだ郵便局の少女たちみたいだ。過去に触れない完璧な純愛ってないかな」
 映画で演じた戦争の悲劇を思い出しながら、そんなことを呟いてしまい、ゆう子は自分がバカに思えて、部屋の灯りを消して目を閉じた。雨音が聞こえてきた。季節は梅雨入り前の晩春。