「わからないよ」
「神経も痛めた複雑骨折の治療のため、他の筋肉、骨も強化させてしまっている。そんな我々の医療薬の副作用が出るが、それがとても彼には苦しい。しかし、君に優しくしてもらえば緩和される。君は彼に相応しい女性だ」
 彼の名前は、佐々木友哉。四十五歳。小説家だった。
 トキは言った。
「その男は私のご先祖様だ。私と仲間たちの希望だ」
と。