友哉が淡泊に言うと、
「思ったよりも重傷ですか。他人や世の中に興味を持つお仕事なのに、私のこの銀色のスーツ、私の素性に無関心ですか」
と言った。
「NASAから来た無名の科学者が、俺をモルモットにしたとか」
「その男が友哉様と呼ぶのですか。まあ、無理に言わなくてけっこうです。大麻、抗鬱剤らと同じ効果がある光を差し上げましょうか」
 不機嫌に言いながら、人差し指にはめているリングを見せた。プラチナに見えるが、もっと硬質で輝いていた。