友哉が銀座で買った、トキから頼まれた品は指輪だった。
 女性用と男性用。男性用はすでに友哉が左手の人差し指につけているが、その二つの指輪を買って帰り、トキに渡すと、彼はリビングからベランダに出て、またしばらくすると戻ってきて、友哉に男性用の指輪だけを渡した。
「これをずっと外さないようにお願いします。先程、私が渡したモデルガンのワルサーPPKは今、どこにありますか」
「さあ。君が隠した?」