「驚かさないでください。もう少しで泣くところでした」
「なんで、君が泣くんだ」
「私がきてよかった。別の者だと絶対に説得できなかった」
 なんと胸を撫で下ろしている。
「直々にきてくれたんだね。どんだけ偉い男なんだ、君は」
「世界をほぼ統治しています」