深呼吸をするように大きく息を吐き出す友哉。ちらりと廊下の奥、涼子がやってきたエレベーターホールの薄暗い空間の影に視線を投げた。
「誰だ」
 友哉が声を出すと、ゆう子と涼子も廊下の奥を見る。だが、人影はなかった。
「見られたら困るか。この人たちに。それどころじゃないだろうに」
 看護師たちを見て、「ちっ」と舌打ちした。ゆう子が小さな声で、「トキさん?dotsたち?」と言う。
 友哉が動かない晴香の胸に手を置いた。