「見抜くまでもないよ。利恵さんなら、3Pの段取りからできそう」
 他人のセックスの話が好きなゆう子が興奮して、利恵に詰め寄った。
「ま、まさか。やめてよ」
 利恵が顔を強張らせたのを見た友哉が、
「ほら。AVデビューするように見えるぞ」